• ショッピング枠現金化
  • 2015年最新のショッピング枠現金化ランキングサイト
  • ショッピング枠現金化は違法にはならない

    トップページ運営者情報サイトマップ
    お気に入りに追加
      

    ショッピング枠現金化は違法にはならない

    ショッピング枠現金化_違法

    クレジットカードのショッピング枠を使った現金化を利用される前に考えてしまうことといえば、違法についてではないでしょうか。

    ショッピング枠現金化に対して、グレーな印象をお持ちの方が多いので利用する前にやきもきしてしまいます。

    ショッピング枠現金化はもれなく型ですので、キャッシュバック方式で取り扱われている商品を購入していただければ、10%以上の現金を提供しても良いと合法に基づいたサービスが提供できます。

    よって、ショッピング枠現金化は違法にはならないのです。

    不当景品類及び不当表示防止法に基づいている

    不当景品類及び不当表示防止法

    ショッピング枠現金化業者の公式ホームにも「不当景品及び不当表示防止法」が記されてあります。

    これは、不当に扱われている景品等及び表示による顧客の誘引を食い止める為ため、公正取引委員会により定められたものです。

    公正競争規約に基づき、一般消費者の利益を保護する為に、販売品・サービスの選ぶ際に肝心な情報が提供されることを目的としています。

    景表法について解説いたしますと、入会をする時などに抽選で何名かに景品を渡す「クローズ懸賞型」や何も入会や商品を購入しなくてもキャンペーン目的の応募ができる「オープン懸賞型」があります。

    これらの景品には上限が法律により規制されており、この中にショッピング枠現金化でも使われている「もれなく型」の景表法の一つです。

    もれなく型は合法

    もれなく型_合法

    商品を購入するときや入会の時に、もれなく○○を差し上げますというのを聞いたことがあると思います。

    要するに必ずもらえるということですが、条件として商品を買ってもらうための口実に過ぎません。

    ショッピング枠現金化も「もれなく型」となっており、キャッシュバック付商品をクレジット決済にて購入していただければ、もれなく現金が振込まれます。

    景表法には景品があるので規制されている取引額がありますが、キャッシュバックは例外となっているとなっていますので、もれなく型は合法なサービスです。

    ショッピング枠現金化が違法ではないことが証明されます。

    恐れているなら自分で現金化をすればいい

    自分で_現金化

    違法ではないことがわかっても、現金化業者との取引は初心者の方ですとためらいがちです。

    しかし、他の金策ができずショッピング枠現金化に頼らずを得ない状況であれば、自分で現金化をする方法があります。

    ショッピング枠現金化は、キャッシュバック方式と買取方式の2つの方法がありますから、高価買取をしてもらえる品物を買ってから売ればいいのです。

    金券などの購入はクレジットカードではできませんが、その他に換金性の高い物は購入することができますので、現金化業者との取引でなくてもお金を手に入れることはできます。

    キャッシュバック方式の現金化業者との契約は不透明な手数料を差し引かれることがありますので、買取方式なら買取までに手数料がかかることはありません。

    また、業者を挟んでの契約を恐れているなら自分で現金化をすればいいのでないでしょうか。

     

     

    ▲ショッピング枠現金化口コミから選ぶ | TOPへ戻る